新・桂庵雑記

Jazz演奏やロードバイク、山や海など、桂庵(けいあん)が趣味に関することを書き散らしてます

尾瀬・富士見下ルート(公衆トイレ故障中)

梅雨の最中の6月23日、久しぶりに尾瀬を歩いてきた。

 

以下の5つが、尾瀬主要部(尾瀬ヶ原尾瀬沼)に入るための主な入山口。

 群馬県側:鳩待峠、大清水、富士見下

 福島県側:御池(燧裏林道経由)、沼山峠

 

交通の便や、尾瀬主要部へのアクセスの近さから、鳩待峠が最も利用者の多い入山口となっていて、僕も何度か鳩待峠から入山したことがある。だが今回は、これまで歩いたことがなく、上記のなかでもマイナー度で1・2を争う、かつてのメインルート、富士見下をスタート地点とした。何せ、今では公共交通機関が通っていないらしい(何年か前までは1日に4便くらい、尾瀬戸倉からバスが通っていた)し、富士見峠を経由した尾瀬主要部への距離が長いので、鳩待峠の便利さを知ってしまったら、なかなかこちらを使おうとは思わないだろう。実際、富士見下の駐車場は僕の出発時点で車が3台、下山時点で6台。僕が富士見峠へ向かう最中は、1人も出会わなかったし、下山途中も3組くらいしか逢ってていない。富士見峠で、鳩待峠から登ってきたらしい登山者6組くらいに逢っているが、尾瀬ヶ原尾瀬沼の人の多さに比べると、いないも同然(さすがに言いすぎか)

 

さてここで、富士見下ルートを使ってみようかとご検討中の方に、重要かもしれないお知らせ。2018年6月23日現在、富士見下の公衆トイレは、水漏れのため大便器が使えません。つまり、大きい方の用足しは、戸倉で済ませるか富士見峠まで我慢するということ。

 

今回の目的地はアヤメ平。歩行時間を考えると、鳩待峠からの方が早いが、一度は富士見下ルートを経験しておきたかったので、敢えて富士見峠経由とした。深夜に富士見下駐車場に到着して、5時30分に出発。

f:id:jazzwombat:20180624093006j:plain

富士見下から富士見峠までの間は、自動車が通行可能な林道をひたすら進む。7キロで570メートルを上がるから、平均斜度は8度くらい。砂利が結構浮いている区間が多い。

f:id:jazzwombat:20180624093158j:plain

今回、天気予報が午後から雨と報じていたので、下山時間を短縮するために折り畳み自転車を持参。漕いで登るには斜度が厳しいので、押して上がった。だが、砂利の抵抗が想像以上に大きく、進むのは決して楽ではない。背負子で背負って運ぶ方が楽では無いかと思ったくらい。

f:id:jazzwombat:20180624093526j:plain

林道の終点が、富士見小屋跡の残る富士見峠。他の登山者が「ここで買い物できると思ったのに」と話していたが、何年か前に営業を休止している。ただし、公衆トイレ(画像の奥)は問題なく使用できるし、トイレットペーパーまで完備していた。

ここに自転車を置いて、尾瀬らしい地域へと足を進める。

f:id:jazzwombat:20180624093807j:plain

そして、今回の目的地、アヤメ平に到着。富士見峠からは1キロくらい。遠くに見えるのは、その山容を僕が一番好む燧ケ岳。尾瀬ヶ原を囲む山域の尾根部分に広がる平原なので、少し風が強い。

f:id:jazzwombat:20180624094245j:plain尾瀬ヶ原でのピークはとっくに過ぎているが、ここではわずかに水芭蕉がその姿を残していた。

 

9時を過ぎたので、来た道をとって返す。富士見小屋跡で自転車を準備し、いざ林道を下山開始。すぐに思ったのは、やはりここはMTBのようなサス付きの悪路用自転車が望ましいということ。ガレた道で、時々道を横切る排水路の段差があったりするので、あまり車輪が小さいと振動をコントロールできず危険。僕のブロンプトンは16インチなので、充分気を遣えば何とかなるが、これより小さい車輪で、かつブレーキがキャリパーやVブレーキだと、コントロール不能に陥る可能性の高い場所がある。林道のほとんどの区間が、片側は崖なので、コントロール不能になったら、滑落して重傷を負っても不思議ではない。

 

昔、自転車でヤンチャしていたころの感覚を思い出しながら、浮いた砂利で滑るタイヤをコントロールしつつ林道を下る。キャリパーブレーキだと、手がつらい。油圧ディスクブレーキが欲しい。そんなことを思いながら進み、富士見下には10時15分に到着。

 

きっと次は、鳩待峠か沼山峠から入山するだろう。やはりアクセスは楽な方が良い。

 

相互信頼関係が無い相手とスワップ取引はできません

2018年に入って、韓国で経済を知る人々の間では日本との通貨スワップ協定を復活させたいとの思いが強まり、韓国側から発信される報道の所々で、それが披瀝されています。韓国はいくつかの国と通貨スワップ協定を締結していますが、ウォンと交換でいわゆるハードカレンシーを入手できる協定は、実質的に見ればほぼ無いと言ってもいいでしょう。アメリカとの協定は望みが薄い状況なので、円経由で米ドルにアクセスできる日本との通貨スワップを、二番目かつ現実味の感じられる候補と考えているように見えます。

 

僕は政治とは別の理由から、韓国と通貨スワップ協定を結ぶことに反対します。韓国を嫌いだからとか、人種的な話とか、政治的信条とか、一切そんな理由ではありません。

 

スワップ取引というのは、契約当事者の双方による義務の履行行為です。つまり、双方が相手方に対して、義務の履行を期待できることが大前提。その信頼が無ければ、スワップ取引を行なってはいけない。これは、デリバティブ取引に関わる人の全てが共有する価値観。デリバティブ取引はゼロサムが基本なので、取引相手が約束による義務を履行しないということは、イコール自分は損だけ可能性ありで益になる可能性が無いということ。そんな状況であることが、多くの人の目に明らかな状況で、会社がそんな相手とスワップ契約を締結したら、少なくとも善良なる管理者としての注意義務を怠ったものとして、役員は法的責任を問われてもおかしくない。

 

さて、韓国という国がスワップ取引の相手方として必要な資質を有しているかというと、少なくとも日本という国にとって、はなはだ心許ないと言わざるを得ない。個人としての韓国人の資質ではなく、いざ国としての行為判断を行うにあたり、あの国が日本との間で国際法や契約を遵守すると言い難いことは、これまでの歴史的事象が表している通り。早くも明治時代、福沢諭吉翁は脱亜論でそのことを指摘していました。

 

約束のうち都合の悪い部分は無視すると分かっている相手と、経済行為としての協定を締結することは、実質的に経済的価値の贈与です。ODAでもあるまいに、先進国たる韓国に、無償贈与という非先進国向けの行為を行ったら、いずれ先進国たる韓国を物乞い国家扱いした失礼な国だと、また怨まれそうです。ちょっとだけ政治的領域に脱線しましたが、つまり韓国との通貨スワップ協定という取引は、日本の経済的利益を一方的に損なう行為であり、そんな決断を下した政治家は、背任を問われても不思議ではありません。

 

外貨準備の課題は、先進国の一員たる韓国が、尊厳をかけて自身で何とかするべきものであり、それを失敗した場合の備えは、日本が自身で考えれば良いこと。国際法の観点から決着している戦後賠償問題などで、理に則さない考えにより日本の経済的利益を侵害しようとしている、あきらかに価値観の異なる相手に、政治家が背任のリスクを負ってまで経済的利益を供与する必要などありません。

 

サックスアンサンブル 5/20に立川ららぽーとで演奏します

久しぶりの更新です。

ジャズを演奏するにあたっての本職楽器はトランペットなのだが、最近は練習時間の8割以上をテナーサックスに費やしている。一応は期間限定。なぜかというと、サックスアンサンブルの公開演奏を引き受けたから。舞台を務めた後は、また以前のペースに戻ると思う。

 

やっている曲は銀河鉄道999とかアンパンマンマーチとか、ジャズとは言い難いものが多いし、アーティキュレーションの指定が多い譜面どおりに演奏しなければならないので、従来路線とは明らかに畑違い。でも、ハイトーンを多用し、細かい音の表現に気を遣う演奏は、これまで経験していなかった世界なので、良い訓練になっている。

 

ハイトーンを多用する譜面なので、当然の如く上のF♯まで楽譜に記載されている。メインで使っているテナーサックス2本のうち、Buescher 400にはハイF#キーが付いていない。替え指を使うことで、ハイF#を出すことは出来るのだが、音程と音の太さに難がある。このため、必然的にハイF♯キーの付いたSelmer Mark 7(Fr)を使う。

 

ただ、Mark 7も古い楽器なので、集中的に倍音練習を繰り返すうちに、細かいところで不具合が出てきた。修理に出さねばならないのだが、そうなると使えるテナーが無い。このため、サックス2本、金管楽器2本を下取りに出して、それほど古くない台湾製の中古テナーを1本入手した。地味な色なのに、なぜか演奏現場で注目されることが多い。

 

さて、練習中のサックスアンサンブルですが、立川いったいまつりというイベントの中で、以下の日時会場で20分くらい演奏します。

5月20日(日)14時40分

ららぽーと立川立飛

バンド名 HAPPY-GROOVY☆G7

 JR中央線立川駅から、多摩モノレール立川北駅に乗り換え、2駅目の立飛駅が最寄り駅です。ららぽーと立飛駅と直結しているようです。(行ったこと無い)

 

サックス4本(ソプラノ、アルト、テナー、バリトン)とパーカッションという、珍しい編成で、ジャズを普段は意識しないフツーの方々に向けた曲を演奏予定。ご都合が合うようでしたら、ぜひともお越しくださいませ。

f:id:jazzwombat:20180422230731j:plain

 

自転車で猪苗代湖を一周

時は2017年8月28日の午前11時半、僕は福島県の猪苗代磐梯高原インターチェンジから猪苗代湖畔へと降り立った。傍らには愛用するロードバイク。そう、僕は猪苗代湖を一周する旅へと出るのだ。なかなか晴れ間の少ない夏だったが、この日もやはり曇り。

 

天鏡湖とも呼ばれる猪苗代湖は、僕が昔から何度も訪れている場所。その美しい風景は、心を落ち着かせてくれる。これまでは常に車で移動していたのだが、今回は初めて自転車での移動。湖の北側から、西側へと走り出す。ものの10分も走ったところで、うっすらと雨が降りだしたものの、そのままペダルを回し続けた。

f:id:jazzwombat:20171002214604j:plain

 

しばらくは国道を走る。途中、工事中で片側交互通行になっている区間は、結構気合を入れて速度を上げていたが、国道から外れると交通量はぐっと少なくなり、快適なサイクリングコース。

 

ただ、湖畔だからといって平坦な道ばかりではない。1時間も走ると、最大斜度15度の区間が登場する。とはいっても、上り坂の区間はそれほど長くないので、我慢して登ってゆく。この、ちょっとしたヒルクライムのピークを過ぎると、平坦基調の道を快調に走ってゆくことができる。ただ、湖の西岸を南下してゆくと、山が目前にせまり、道路は砂利道で、このまま進んでよいのか不安になる。結果、進路を湖から離れる方向とし、う回路へと自転車を進めた。

 

 後で改めて地図をチェックすると、そこは進んでもOKだったようだ。ただし、最大斜度15度の上り坂が待ち構えている。結果とすると、そんな根性が無かった僕にとり進路変更は正解。しばらく湖が見えないう回路を進んだが、山を回り込んだところで、また湖畔の道に復帰。

 

湖の西岸から南岸にかけては、飲食店や食料品店が無い。そんな中、南岸で「江湖村」という地名が登場。そこには飲食店があるらしい。昼食を取れずにペダルを漕ぎ続けていたため、江湖村へとハンドルを切る。坂道を上ってゆくと、鶏や犬が放し飼いで歩いていて、そんな光景の一角に、飲食スペースを備えた建物があった。

 

f:id:jazzwombat:20171002220230j:plain

f:id:jazzwombat:20171002220208j:plain

ここで昼食をいただいたのだが、その時に、そこがバイオマス発電で電力を自給していることを知る。エコなことを、江湖村でやってますと、その関係者の方は笑いながらおっしゃられていた。

 

 さて、走行を再開すると、一気に湖の東岸を北上。

f:id:jazzwombat:20171002220810j:plain

 曇天だったので、ちょっと青さは無いが、こんな色合いもまた美しい光景。

 

最後はまた国道を走る。湖畔の道を走ることもできたのだろうと思うのだが、その日の宿へ向かう時間が必要だったこともあり、道を迷いづらい国道をスピードを上げてゴールを目指す。そして、スタートから4時間半で出発地点に到着。ほぼ雨に降られること無く、無事に猪苗代湖一周を達成できた。いつもは多摩川サイクリングロードを走ることが多いのだが、それよりは遥かに快適なサイクリング。今度は晴れた日に、また走ってみたい。

 

禁断症状?

2月にアルトサックス Buescher 400 TH&C を手放して、ソブラノサックスを買ったことは既に書いているとおり。
jazzwombat.hatenablog.jp

当面はアルトを使うことが無いだろうと思っての選択だったが、いざ手放すと、ほどなくアルトを使いたくなる局面に遭遇。例えばラテン系バンドに一時参加したときは、テナーよりはアルトの音色の方が合いそうだった。また、平日の夜のジャズセッションで、荷物が大きくなるからとソプラノを持参した時に、やはりソプラノだけというのはちょっと厳しいなと痛感。あと、ポップスっぽい曲に挑戦してみたいという思いもある。そんなこんなで手放してから半年で、またアルトを入手した。

思い返してみれば、手元にアルトが無かった期間、何とはなしに"もの足りなさ"を感じていた気がする。普段は使わないのに、無いと不安とは、いったいどんな禁断症状なんだ。

今度のアルトは、近代的な楽器のヤナギサワA-902。アルトに有りがちな、金切り声のような音色は好まないが、これの音色は耳あたりが柔らかくて良い。手放したBuescher のアルトは、音色を好みのレベルまで詰められなかったので、演奏では殆ど使わなかったが、今度はもう少し使用頻度が上がりそう。
f:id:jazzwombat:20170817205641j:plain

Venova 国内発売に先駆けて演奏現場にデビュー

ヤマハが新たに作り出した、ちっちゃな管楽器、その名もVenovaが、いよいよ今月末に日本国内での販売が開始されます。「日本での発売が」とワザワザ付けているのは、すでに欧州で発売されているから。で、ウチには個人輸入したVenovaが既にあったりするわけで。 

 

jazzwombat.hatenablog.jp

 

国内販売が近づくにつれて、徐々にメディアでVenovaが紹介されることが増えてきました。国内発売前とあって、個人がその使用感などを紹介するブログは少ないため、あるメディアで紹介された直後は、このブログの1日あたりアクセス数が20倍近くに跳ね上がったことに驚かされましたが、それだけ関心のある方は多いということなのでしょう。

 

サックスのプロ奏者の方がVenovaを演奏する動画がポチポチ公開されていますが、普通に吹いている様子を見て、「おおーっ、簡単そうじゃん」なんて思ったら大間違い。あの方々の楽器コントロール能力は、常人の想像を絶するところにあり、その能力をもってしてようやく、普通の演奏を実現せしめているわけです。普通の人が演奏するには、半音(ピアノの黒鍵の音)の音程コントロールがすごく難しい楽器なので、すぐあんな演奏ができると思ってVenovaを買ったら、盛大にガッカリすること間違いなし。

 

サックスのような円錐管楽器って、管の長さが短いほど、音程のコントロールに苦労するのです。だから、サックスの音程コントロールの難易度は、テナー < アルト < ソプラノ < ソプラニーノという順番。同じく円錐管楽器のVenovaは、僕の実感としてソプラノサックスよりコントロールが難しい。

 

さて、僕がVenovaを入手してから2か月が経過していますが、演奏現場でまともに使ったのは2回。最初は7月1日に松戸某所のジャズセッション。この時は、なんとVenova同士での2管という、なんとも廃人な組み合わせでジャズスタンダード"Bye Bye Black Bird"を演奏してました。おそらくは、国内でVenovaを演奏現場で使った人は既にいるのでしょうが、2管で演奏したというのは、おそらくこれが初めてぢゃないかと。

f:id:jazzwombat:20170811112458j:plain

 

2度めは8月5日に昭島市の某所ジャズセッション。周囲の皆様から「Venovaで一曲!」と指定されての演奏でしたが、伴奏はギター、ピアノ、ベース、ドラムと、フツーにジャズを演奏するときの構成で手抜き一切なし。お遊びというには気合いが入り過ぎた楽器編成で、これもメロディーがシンプルな"Smile"を演奏。

f:id:jazzwombat:20170811113706j:plain

いずれも、♭や♯が少ないメロディーの曲を選んだものの、アドリブに入るとさすがに♭や♯を多用せざるを得ないので、やはり苦戦します。僕自身はサックスを吹きますが、これとも運指が少し違うので、運指に慣れていないことと、音程コントロールの両方が奏者を苦しめる。いやいや、練習すりゃーイイだろうと言われると、一言も無いんですけどね。

 

さて、何か所かへVenovaを連れ出して、周囲の方の反応を見ているわけですが、もちろんサックス奏者は関心を示してくることが多い。しかしながら、それ以上に、サックス奏者じゃない方からの関心が、以外と高い気がします。ピアノやギター、ベースやドラムの方が、サブ楽器として興味を示すことが割と多い。コンパクトに持参できるサブ楽器として、ソプラノサックスじゃ高すぎるし難しそうだけど、これなら良さそうって思う方が多いのでしょう。ジャズセッションだと、ピアニストがサブ楽器として鍵盤ハーモニカを持参することがありますが、その選択と似たところがありそう。

 

音色は、好意的に感じる方の割合が結構高いです。僕自身は、今ひとつかなと思うものの、演奏している人と聞く人の、それぞれ聞こえる音色は少し違うので、そのあたりが僕と周囲の感想が異なる原因かもしれません。

 

持参がお手軽ということは、私も断言できますが、先に書いているとおり、音程のコントロールはシビアです。ましてクラシックのような、音程をビシッと合わせる必要のある用途には、まるで向きません。でも、音程のコントロールへの挑戦も含めて、気楽に楽しむための楽器ということで、ヤマハはこれを作っているようです。こんな本も早々に用意して、挑戦者を募っているようですし(笑)

先行して使ってみた僕からのアドバイスとしては、およそ1万円という価格で、もれなく修行の日々が付いてくるところに、自分が楽しみを見出せそうかどうか、お買い上げの前にぜひご検討下さいませ、といったところです。

 

 

 

ロードバイクでの夜間走行装備

最近はずっと楽器のことばかり書いているが、実はこのブログ、一番アクセスの多いページは「自転車で伊豆大島を一周する所要時間」で、その次が「ホイールをZondaに交換」だったりする。つまり、ここにアクセスしている方の過半数は、自転車ネタを求めているのだ。書いている本人の入れ込み具合から言えば、自転車よりも楽器の方にドップリ入れ込んでいるのだが、世間のニーズは楽器より自転車。というわけで、今回は久しぶりに自転車ネタを投下してみる。読者サービスとも言う(笑)

 

多くの方は、ロードバイクで夜間に走ろうとは思わないようだ。休日の昼間にはよくロードバイクを見かけるが、夜間になるとまず見かけなくなる。でも僕は夜間に走ることが多い。なぜかというと、装備さえキチンとしていれば、車の通行も少なくなっているので、案外と安全に、安心して走れるからだ。

 

例えば、梅雨が明けて本格的な夏を迎えた時に、炎天下で熱中症のリスクと戦いながら走るよりは、日が落ちた後の、車が少なくなった道を走る方が安全だし、より快適だと思う。

 

このため僕のロードバイクは、夜間走行に必要な装備を備えた状態をデフォルトとしていて、昼間に走る時はそこから予備ライトを外している。このことは、過去記事では書いていなかったから、この記事の画像を見て「脱着が大変そう」と思った方が多いかもしれない。

jazzwombat.hatenablog.jp

 では、夜間走行に必要な装備とは何か。

 

まず、第一に必要なのは、必要な光量と照射領域と点灯時間を確保できるライト。単にライトを一つ付けておけば良いというモンじゃない。

 

僕の知る範囲だと、光量・照射領域・点灯時間の全てを必要な水準で満たす夜間走行用のライトは存在しない。このため、複数のライトを装備することで、ニーズに対応している。最も装備量がヘビーな、深夜に長距離を走行する場合のライト装備は、こんな感じ。

f:id:jazzwombat:20170625095857j:plain

全てライトはCats Eye製に統一していて、Volt800、Volt400×2本、HL-EL540RCの4灯をハンドル周りに装着。この他に、Volt700を前車輪軸に装着しているので、自転車本体に5灯と、更にヘルメットにVolt200を装着し、合計6灯で走行する。さすがに全部を同時に最大光量で点灯することは無く、最低でも1つは予備ライトとして、それぞれのライトも最小光量で点灯するから、対向車の目を晦ますほどではない。

 

ちなみに、全部のライトを点灯させると、こんな感じ。カメラの位置の関係で、まぶしく見えるが、基本的に光軸は前方20メートルに落とすことを目安としている。

f:id:jazzwombat:20170625100938j:plain

 

ちなみにライトのほか、ハンドルにはサイクリングコンピューター2つ(速度・距離の表示用とナビ用)と予備バッテリーを装着している。さすがにこれだけの電装品をハンドル周りに装着すると、だいぶメカメカしい光景となってしまう。

f:id:jazzwombat:20170625100740j:plain

 

第二は尾灯だ。電池切れのリスクを考えると、最低2つは欲しい。僕の場合は、自転車に2つと、ヘルメットに1つ付けている。

 

余談で多少脱線する。ロードバイクで時おり、1つだけ装備している尾灯を夜間に点滅させる方がいるが、都道府県の条例(道路交通規則等)に違反した状態であることが多い。ちょっと冗長ではあるが、根拠となる法令と条例(例として東京都のものを挙げる)を掲載しておこう。

 
(道路にある場合の灯火)
第十八条 車両等は、法第五十二条第一項前段の規定により、夜間、道路を通行するときは、次の各号に掲げる区分に従い、それぞれ当該各号に定める灯火をつけなければならない。
一 ~ 四  (省略)
五  軽車両 公安委員会が定める灯火

 

東京都道路交通規則

(軽車両の灯火)
第9条 令第18条第1項第5号の規定により軽車両(牛馬を除く。)がつけなければならない灯火は、次に掲げるものとする。
(1) 白色又は淡黄色で、夜間、前方10メートルの距離にある交通上の障害物を確認することができる光度を有する前照灯
(2) 赤色で、夜間、後方100メートルの距離から点灯を確認することができる光度を有する尾灯

 

重要なのは、この「点灯」というところ。点灯であって「点滅」ではない。ただ、交通規則の別の条項で、反射板を付けている自転車には尾灯の装備義務が免除される。このため、反射板を付けた自転車で尾灯を点滅させるのであれば、違反にならないというようにも読める。

 

いずれにしても、尾灯を点滅させたいのならば、2つ付けて片方を点滅させれば、条例違反にはならない。最近はやりのコンプライアンスとやらも、これで大丈夫。

 

第三は、反射ベスト。夜間に道路工事に従事する皆様が来ているアレの、もっと運動向きに作られているものが販売されている。いかに車の交通量が少なくなるとはいえ、運転手の注意力が散漫になりがちな時間帯でもあり、少しでも目立つようにしておきたい。

 

さて、第四より以降は必ずしも夜間専用の装備じゃない。どちらかというと、長距離を走るにあたって用心のための装備となる。なぜなら、夜間は自転車屋さんが開いていないから。

 

パンク対策用のグッズ

自転車用の簡易工具

いくばくかの粘着テープ

 

このくらいあれば、軽度のトラブルを凌いで走行を続けることができるだろう。粘着テープは、数十センチをフレームに巻き付けておけば、わざわざ荷物として持たなくても良い。

 

つらつらと自分の装備を書いてきたが、とりあえず夜間走行してみたいというだけならば、ライトは2つあれば良いだろう。ただ、ルーメン数の小さいライトだと、街路灯が貧弱な地域では役に立たなくなるので、最低でも200ルーメン級のライトが欲しい。

 

それでは、これからの季節、夜の涼しいライドを楽しみましょう。