読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

新・桂庵雑記

Jazz演奏やロードバイク、山や海など、桂庵(けいあん)が趣味に関することを書き散らしてます

新緑の奥多摩に出かける(向かい風修行編)

4月最後の土曜日は、降水確率がゼロだったので、自転車で奥多摩駅まで出かけてきた。二子玉川から青梅までは多摩川サイクリングロードを使い、往復で140キロ以上の距離を走ることが目標。

多 摩川の河口に近い地域から、源流に近い地域まで遡るので、当然に上り基調である。だが、川沿いの道の上りは、大したものではないから、それほど苦しい思い もせず、11:30に奥多摩駅へ到着。このくらいのアップダウンならば、横浜市内の中原街道のアップダウンの連続を走る方が、奥多摩行きよりも体力を使う なぁと、奥多摩駅での休憩中に、しばし回想。

奥多摩はすっかり、ツバメが空の主役を務める季節になっていた。せっせと巣の材料を運んでいる。

f:id:jazzwombat:20160612221257j:plain

f:id:jazzwombat:20160612221405j:plain

さて、問題は帰路にあった。午前中は風が気にならなかったのだが、見事に向かい風となり、しかも強くなっている。道は下りのはずなのに、自転車がなかなか 進まない。このため、そこそこ消耗しながら青梅まで下ったのだが、多摩川サイクリングロードに戻ると、風は更に強くなっていた。このため、時速30キロで の巡航など思いもよらず、20キロ前後で延々と多摩川を下ることに。向かい風だけでなく、時々は横風で進路を乱されるといった状況のなか、自転車に標準で 装備されていたホイールの、その重さと35ミリのリムハイトが体に堪える。

もっと軽くてローハイトのホイールが近日中に届く予定のため、比較が楽しみ。でも、比較するためには、また風が強い時に走らなければならないということか . . .(汗)

f:id:jazzwombat:20160612221433j:plain