読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

新・桂庵雑記

Jazz演奏やロードバイク、山や海など、桂庵(けいあん)が趣味に関することを書き散らしてます

僕の好きな"Just Friends"

 10年前に、僕がジャズの演奏に足を踏み入れて以来、最も好きな曲の地位をキープしているのが、"Just friends"というスタンダードナンバー。1930年代に作曲された曲なので、色々な演奏者が録音しており、名演奏も多い。

 歌詞はというと、恋人だった二人が今日からは只の友達になるという、切ないものだが、結構豪快に演奏されることも多い。僕自身も、ジャムセッションでよく演奏するが、豪快に演奏する方が「らしい」気がする。

 しっとりとした方だと、"Charlie Parker With Srings"におけるCharlie Parkerの演奏は当人も周りも認める名演だ。オーケストラをバックにしたParkerのソロは、今となってはその演奏スタイルこそ古く感じられるが、美しくも凄い。

 豪快系の方になると、僕のような凡人にも「こんな風にやってみたい」と感じさせてくれる、 もう少し親しみやすい快演が多く登場している。そんな中でも、一二を争うくらい僕が好む演奏が、Dexter Gordonの1970年代に録音したもの。Niels Pedersenのがっちり固めた通奏低音と、Horace Parlanのスインギーなピアノに乗り、引き締まったテナーの音色で次から次へと紡ぎだされるフレーズの奔流に、つい引き込まれてしまわないだろうか。

 

youtu.be

 

Stable Mable

Stable Mable